ホーム>目次>タンスの奥のヘソクリが、気づかぬうちに減っていくという話。(2/4)

第1回 タンスの奥のヘソクリが、気づかぬうちに減っていくという話。(2/4)

とは言っても、日本人は欧米人と違い、資産運用とか投資は、未だに身近なものとは言えないようです。現在自分の資産を投資に回している人の割合は、およそ3割といわれています。アメリカに比べればまだまだ少ないですね。「投資ってリスクがあるからイヤだ」と拒絶反応を示す人も多いようです。もともと日本人は狩猟民族ではなく、農耕民族だったからでしょうか。日照りや台風など収穫高に影響する天候のリスクにいつも怯えていたように、相場が変動するリスクをとても恐れる傾向が強いように思うのです。また「自分にはたいした預貯金もないから、投資なんて関係ないよ」と思っている人も多いのではないでしょうか。ところが銀行に預金していても資産が目減りしていく時代、投資をしないこともまたリスクなのです。ここは発想を逆転させる必要がある。自分の大切な資産を守り運用し育てていきたいと思うのであれば、今後もっと投資に注目すべきではないでしょうか。

さて、「投資」と聞いて真っ先に思い浮かべるものは何ですか。「株式投資」を連想する人が多いのではないでしょうか。最近ではデイトレーダーという言葉もよく耳にすると思います。上手に売買して運にも恵まれれば、百万円を元手に一日に数十万円儲けることも不可能ではありません。しかし株式投資で儲けるには安く買って高く売る必要があり、銘柄を選ぶための知識、経験、分析能力が不可欠です。初心者がいきなり株式投資を始めるのは危険です。しかし投資って何も株式投資だけではありません。資産運用を目的とした投資の場合、失敗の可能性を低くして、リターンを得ていこうというのが基本的な考え方です。これなら初心者でも安心して始められますね。

マネックス・ユニバーシティ

マネックス・ユニバーシティ

個人投資家向けに投資理論や実践的な投資手法など様々な情報を提供しています。

画面上部へ


資産運用を始めるならマネックス証券へ 無料 口座開設・資料請求 マネックス証券へ
マネックスお金のゼミナール

書籍版のご案内

書籍だけの特典、特別対談を収録

詳細はこちら

PDF版をご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のWebサイトよりダウンロードして、ご覧ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerのダウンロードページ