ホーム>目次>生命保険に毎月掛けているお金は、どうなっているんだろう?(1/4)

第3回 生命保険に毎月掛けているお金は、どうなっているんだろう?(1/4)

あなたが加入している生命保険の毎月の保険料は、その後どうなっているかご存じですか。本日は、この保険料の行方についてお話しします。

「機関投資家」という言葉を皆さん耳にしたことがあると思います。これは、個人や企業から集めたお金をまとめて、資産運用している法人投資家のことです。株式市場ではここ数年、個人投資家も非常に増えてきていますが、自分で銘柄を選ぶには、知識、経験、分析能力が不可欠です。そのため、「資産運用はプロである機関投資家に託した方が安心だ」という人もいます。

機関投資家は、個人投資家に比べて大きな資金を株式や債券にまとめて投資するため、市場に大きな影響を与えます。資産運用に興味のない人から見ると、機関投資家は遠い存在に思うかもしれません。しかし決してそうではないのです。機関投資家には、投資顧問会社、損害保険会社、信託銀行、年金信託などがありますが、実は日本で最大級の機関投資家の一つが生命保険会社なのです。

マネックス・ユニバーシティ

マネックス・ユニバーシティ

個人投資家向けに投資理論や実践的な投資手法など様々な情報を提供しています。

画面上部へ


資産運用を始めるならマネックス証券へ 無料 口座開設・資料請求 マネックス証券へ
マネックスお金のゼミナール

書籍版のご案内

書籍だけの特典、特別対談を収録

詳細はこちら

PDF版をご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のWebサイトよりダウンロードして、ご覧ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerのダウンロードページ