ホーム>目次>「資産運用」の先輩に、インタビューしました。(1/4)

第11回 「資産運用」の先輩に、インタビューしました。(1/4)

これまでの10回にわたる「マネックスお金のゼミナール」を通して、皆さんの資産運用に対する考え方に変化はありましたか。さて今回は、3年前に資産運用を始めた結果、お金が殖えただけではなく考え方も前向きになり、充実した日々を送られているAさん(30歳、女性)に、ちょっとお話を伺ってみましょう。

―― まず、資産運用を始められたきっかけについて教えてください。

私はIT関係の仕事をしており、金融についての知識はまったくありませんでした。そんな私が自分の将来について漠然と意識するようになったのは、実家に帰るたびに、両親が自分たちの老後の年金生活について話し合っている姿を目の当たりにするようになってからです。両親はいわゆる「団塊の世代」で、充実した老後を送るためにはどうしたらよいかについて真剣に考えていました。特に母は、「この低金利時代に、資産を預貯金として寝かしておくのはもったいない」とよく言っていて、資産運用に積極的に取り組んでいましたね。毎日、新聞を読み、経済の動向もウォッチしていたようです。

―― ご両親の影響があって始められたんですね。

そうですね。そんな両親の姿を見ているうちに、私が老後を迎える頃、はたして年金制度はどうなっているのだろうかと、自分の将来に不安を覚えるようになったんです。この先もお金オンチのまま暮らしていったら、将来厳しいことになるんじゃないか、という気持ちが沸々と湧いてきて。今すぐお金の勉強を始めなければ!という思いが高まり、資産運用のイロハから学び始めました。

マネックス・ユニバーシティ

マネックス・ユニバーシティ

個人投資家向けに投資理論や実践的な投資手法など様々な情報を提供しています。

画面上部へ


資産運用を始めるならマネックス証券へ 無料 口座開設・資料請求 マネックス証券へ
マネックスお金のゼミナール

書籍版のご案内

書籍だけの特典、特別対談を収録

詳細はこちら

PDF版をご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のWebサイトよりダウンロードして、ご覧ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerのダウンロードページ