ホーム>目次>たとえ株式取引に興味のない人にも、証券口座開設をおススメする理由。(1/4)

第15回 たとえ株式取引に興味のない人にも、証券口座開設をおススメする理由。(1/4)

「マネックスお金のゼミナール」を読まれている多くの方が、銀行や郵便局にご自身の口座をお持ちだと思います。毎月の給与振込みや公共料金の引き落とし、クレジットカード決済のための生活口座、定期預金などの貯蓄口座、子どもの教育資金や住宅購入のための財形預金といった目的別口座など、その使い方はさまざまです。

では、証券会社に口座をお持ちの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。「えっ、証券会社にも口座があるの?」と思われた方もいらっしゃるのでは。あるいは「株の売買をするためだけに口座を持つのもなあ」と尻込みしている方もいらっしゃるでしょう。しかし、証券口座は、これから資産運用をしていく上で、まず入り口としてなくてはならないもの。今日の講座では、この証券口座について、証券会社の場合を例にとって、きちんとお話しようと思います。

ほとんどの証券会社に開く口座は「証券総合口座」と呼ばれ、個人の方も比較的簡単に開設できます。会社によっては未成年者でもOK。しかも、通常は口座開設のための費用は1円もかからず、さらに、口座を維持するための管理費が無料の証券会社もあります。例えば、ネット証券の場合は、店頭に足を運ばずに、インターネットと郵便だけで簡単に開設する方法があります。

マネックス・ユニバーシティ

マネックス・ユニバーシティ

個人投資家向けに投資理論や実践的な投資手法など様々な情報を提供しています。

画面上部へ


資産運用を始めるならマネックス証券へ 無料 口座開設・資料請求 マネックス証券へ
マネックスお金のゼミナール

書籍版のご案内

書籍だけの特典、特別対談を収録

詳細はこちら

PDF版をご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のWebサイトよりダウンロードして、ご覧ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerのダウンロードページ