ホーム>目次>子どもに対するお金の教育は、具体的にどうしたらいいのでしょう?(1/4)

第27回 子どもに対するお金の教育は、具体的にどうしたらいいのでしょう?(1/4)

前回は、時代の変化に伴い、子どもに対するお金の教育の必要性が高まってきているということ、また最近では、子ども向けの体験型マネー教育セミナーが盛んで、こうしたお金の教育を通じて、子どもたちの社会や経済への関心も徐々に高まっていること、とは言え、こうした教育はやはり家庭が果たす役割が大きい、という話をしました。

では家庭では、子どもたちにいったいどのようなお金の教育をすればいいのでしょうか。そこで今回は、子どもに対するお金の教育の仕方について、具体的に紹介していくことにしましょう。現在、教育のカリキュラムなどは体系化されておらず、教科書ひとつない状況です。そのためこれはあくまでも一つの考え方であり、絶対的なものではありませんが、ぜひ参考にしてみてください。

マネックス・ユニバーシティ

マネックス・ユニバーシティ

個人投資家向けに投資理論や実践的な投資手法など様々な情報を提供しています。

画面上部へ


資産運用を始めるならマネックス証券へ 無料 口座開設・資料請求 マネックス証券へ
マネックスお金のゼミナール

書籍版のご案内

書籍だけの特典、特別対談を収録

詳細はこちら

PDF版をご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のWebサイトよりダウンロードして、ご覧ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerのダウンロードページ