ホーム>目次>REITは、30万〜50万円くらいからはじめられる不動産投資です。(1/4)

第32回 REITは、30万〜50万円くらいからはじめられる不動産投資です。(1/4)

REIT(リート)って、ご存じですか。近頃新聞でもときどきこの言葉を目にしますが、このREITは、株式のように売買できる新しい不動産投資商品なのです。

従来「不動産投資」と聞いて思い浮かぶのは、例えば投資用のマンションを購入して毎月家賃収入が入ってくる、そんなイメージではないでしょうか。いい物件に出会えれば安定した収入を確保しやすい投資方法ですが、反面個人で投資をする場合、リスクもいろいろあります。まず、不動産投資をする場合、通常最低でも数百万円が必要になるため、ひとつ、あるいは少数の物件に資金が集中しがちになり、リスクを分散できません。また借り手がいなければ家賃収入が得られなくなったり、物件の破損等により不動産としての価値が下がるといったリスクを抱えることにもなります。さらに、固定資産税や管理費などのコストについての考慮も必要ですし、売却しようと思っても時間と手間がかかります。地震、火災といった不動産特有のリスクもあります。不動産物件の目利きができ、不動産にまつわる税制、法律にも詳しく、賃貸市場の動向を読むことができるような不動産投資に明るい人でなければ、この世界で利益を上げるのはそう簡単な話ではありません。

そんな従来の不動産投資のいくつかのリスクを解決できる商品として登場したのが、REIT(不動産投資信託)なのです。

REITによる分散投資効果 (イメージ)*

*
REITを通じて不動産に分散投資することで、不動産投資におけるリスクやコストを低減する効果が期待できます。あくまでも分散投資効果のイメージ図であり、REITの特徴やリスクについては、それぞれのREITのホームページなどでご確認下さい。
マネックス・ユニバーシティ

マネックス・ユニバーシティ

個人投資家向けに投資理論や実践的な投資手法など様々な情報を提供しています。

画面上部へ


資産運用を始めるならマネックス証券へ 無料 口座開設・資料請求 マネックス証券へ
マネックスお金のゼミナール

書籍版のご案内

書籍だけの特典、特別対談を収録

詳細はこちら

PDF版をご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のWebサイトよりダウンロードして、ご覧ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerのダウンロードページ