ホーム>目次>なぜ外貨運用をするのか。それは円安リスクから自分の資産を守るため。(1/4)

第34回 なぜ外貨運用をするのか。それは円安リスクから自分の資産を守るため。(1/4)

この一年で円安が進んでいます。例えばユーロは先日対円の最高値を更新しました。そういえば最近ブランド品やヨーロッパから輸入される食料品などが値上がりしていることに気がつきます。円をユーロに換えて支払う場合、現地では値上がりしていなくても、為替の変動によって円換算では昔より高いお金を払わなければならないからです。日本の物価は為替相場に大きな影響を受けています。もしこのような円安リスクに備えたいなら、方法は1つ。自分の資産の一部を外貨で保有することです。今回はそうした外貨で資産運用を行う際のチェックポイントについてお話ししましょう。

円安になった場合、通貨を分散して持っておいた方がリスクが低い

マネックス・ユニバーシティ

マネックス・ユニバーシティ

個人投資家向けに投資理論や実践的な投資手法など様々な情報を提供しています。

画面上部へ


資産運用を始めるならマネックス証券へ 無料 口座開設・資料請求 マネックス証券へ
マネックスお金のゼミナール

書籍版のご案内

書籍だけの特典、特別対談を収録

詳細はこちら

PDF版をご覧いただくには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のWebサイトよりダウンロードして、ご覧ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerのダウンロードページ